工事の際に必要となる資格まとめ

工事現場で活躍しよう

電気工事は危険が伴う

電気工事士の資格があれば、電気に関係する仕事に携われます。
実は資格を持っていない人でも、求人に応募することはできます。
しかし採用されたとしても直接工事に関わることは少なく、荷物の運搬などの雑用を任されることが多いです。
それではおもしろくありませんし、やりがいも得られないので、次第に仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。
電気工事したいなら、きちんと資格を得てから働くことをおすすめします。
電気工事士には第一種と第二種があり、それぞれ可能な電気工事の規模が異なります。

建物を建設する仕事に携わりたい人は、建築施工管理技士の資格を得るのがおすすめです。
こちらの資格を持っていると、現場監督などみんなをまとめる立場になれます。
キャリアアップには欠かせない資格ですし、現場監督は工事で必ず必要になる存在です。
その立場になれる人は重宝されるので、就職や転職しやすくなるメリットが生まれます。

国家資格である、技術士の資格を得るのがおすすめです。
この資格があれば、かなり大きな工事に貢献することができます。
ただ専門性が高く、技術士は全部で21分野に分かれています。
自分のやりたい仕事のためには、どの分野の資格があれば良いのか確認しましょう。
特に希望が決まっていない場合は、建設現場で役立つ建設部門に挑戦するのが良い方法です。
技術士の資格を持っていると、将来的にコンサルタントとして独立しやすい面がメリットに挙げられます。