工事現場で活躍しよう

難しい試験をクリアしよう

勉強を毎日続けよう

工事に関する専門的な知識を学んだり、技術を身に付けたりしているのが技術士です。
工事現場で役立てたいなら、特に人気がある建設部門の資格を得てください。
建設部門の技術士になると、インフラ整備などかなり規模が大きい工事を担当できます。
そのようなものはいつまでも残り続けますし、地図や教科書に残る可能性が高いです。
すると自分の仕事を、誇らしいと思えるでしょう。

ただ試験がかなり難しく、専門的な知識を問われる問題ばかりです。
そのため勉強を繰り返して、知識を習得してください。
勉強は、毎日続けることで効果を発揮できます。
1週間に1回たくさん勉強したって、知識を覚えられません。
効率の悪い勉強になるので、続けることを意識しましょう。

コンサルタントになろう

将来はコンサルタントになりたいと思っている人にも、技術士の資格がおすすめです。
公共のインフラ整備に携われるだけの知識があり、さらに宮公庁と交渉できる技術があれば、コンサルタントとして大きな武器になります。
コンサルタントになれば独立して、今よりも稼ぐことができます。
それを目標に、技術士の資格に挑戦しても良いですね。

何となく勉強してもモチベーションが上がらず、試験に集中できません。
最終的に独立するなど、明確な目標があることで集中でき、モチベーションも高められます。
様々な立場の人と交渉する時は、今回の工事の目的やメリットを明確に伝えてください。
説明が不足しているとメリットが伝わりませんし、こちらの信頼を失います。